×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



M1アストレイ

-改修-

頭部…・アンテナをシャープに整形
   ・バルカンの淵を薄く加工
   ・フェイス部は後ハメ加工

肩…・マイナスモールドの追加

スカート…・マイナスモールドの追加
     ・穴あけ後WAVEディテールアップパーツを埋め込み

脚部…・干渉する部分を削ることで股関節の可動範囲を拡大
   ・マイナスモールドの追加
   ・スネ、膝関節を後ハメ加工
   ・足裏の肉抜き穴埋め(あえて埋めていないところもあります)

武器…・ホビージャパン付録のSEEDカスタムキットから、グランドスラムを製作。アストレイの手で握ることができるように、持ち手の一部を細く加工。
   ・対艦刀は先端を鋭く削り込み
   ・ビールライフルのスコープにHアイズを使用

-塗装-

C=クレオス G=ガイアカラー
本体白 
本体赤 Cシャインレッド+Cイエロー+GGXホワイト
関節グレー Gピュアブラック+GGXホワイト
対艦刀/グランドスラムシルバー Cスーパーメタリックスパーファインシルバー
その他シルバー Cスパーメタリッククロームシルバー
サーベル C蛍光レッド
トップコート Cスーパークリアーつや消し



―後ハメ加工について


膝から下に大きな合わせ目ができるため後ハメ加工が必須です

膝関節の下側を切り取り、差し込み式に。


スネガードをくり抜くことで、スネの赤いパーツを滑り込ませることができます。
ディテールアップにもなるので、お得な加工です。









GARELLYへ