×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



MG デルタガンダム

今回はデルタガンダムを、デルタプラスとリゼルのミキシングでつくりました、
サイドスカートとディフェンダーユニットをリゼルから移植しています。
これらのいわばバージョンアップパーツは、ガンダムMk−Uに搭載されるGディフェンサーの仲間で、多分ジェガンやもろもろの機体についてもいいと
思えなくもありません。
ちなみに私はこんな言い訳を作った後に考えました、後付けですよ、後付け。
それと、膝パーツの大型化に、顔を少し変えています。

素組みのときにも思いましたが、デルタプラスは格好良いですね、かなり好き。
それなのに、あんまり格好良くない使われ方をした不憫な機体でもあります。
最後なんて、腹を殴られて胴体を引き裂かれて、ダメ押しで足をつぶされ崩れ落ちる。
UCの隠れた特徴は、モビルスーツが不必要に残酷に扱われるところだと思っています、子どもに見せたら、モノを乱暴に扱う子に育ちそうでこわい。
そういうのがある種の見せ場だというのは、言われずとも分かっています・・・。
さておき、そんなお気に入りのデルタプラスは、また改めて灰色バージョンでもつくってみようと思っています。
メインの灰色は(今回金色になったところ)今度は思いっきり濃い灰色にしたいです。
たしか小説の設定画がそんな感じだったはず。

この作品は、同ホームページ内の百式に触発されて、いつか作ってみようと思っていたものです。








額の角を延長しています。変形のときは外すことをオススメします。
顔は、下あごをZ顔に変えています、他のゼータガンダム系の顔を移植するより、自然なラインになるのでお勧め。





ビームライフルは、エネルギーパックを換えることができ、普通仕様とツインビームライフル仕様を選択できます。







ォルムは大きく変わっていますが、変形は問題なく行えます。(デルタプラスの変形をそのままするので、付属のデルタプラスの説明書のとうりに変形が可能。)
やはり額の角は外すことをオススメします。




PAGE 2

GALLERYへ